​こんなにも、病気なのに、どうして自分の生が存在しているのか分からず、そしてそれを受け入れ続けなければいけないのか。孤独は孤独を呼んで、私の心も体も腐り果てて、涙も枯れ果てて、努力は空回りして、誰かに迷惑をかけないように、一人で抱え込もうと頑張っているのに、苦しみは増す一方で、普通にわら