​「気球の眼差し」​

2020/7/31

白い花が散って

背景に戻る

一枚の絵にも

一編の詩にもなりきれない

蠢く水平線を抱いて

忘れていくあなたのいた日々を

優しく掠める季節や

ギターのアルペジオが知らせる朝も

飛び交う惑星探査機や

交わした言葉の行方も

皿の上に並ぶ

塩鮭がかつて泳いでいた海の隣で

美しながら​

​ゆっくりと時間をかけて

​軌道に乗る

戻る