​「美しい星」​

2020/8/1​

無機質な円盤が、「ご苦労さまでした。」と迎えに来てくれるのを、待っている。

地球上で得ることのできた膨大な知識は、他の星ではきっと何の役にも立たなくて、

​誰かの不安を形にしたような浮雲をノスタルジックに感じたり、

時には四季を紙芝居に起こして追憶に浸ってみたり、

1と100の違いが分からなくなったり出来たら、

末黒野に取り残されたとしても崇高になって、

瞳を伏せる次第

ひとときを切り取る力を失ってゆくけれど、

​負ける美しさに隠れた、

産み落とされたばかりの堕落を、

水槽の中の青春を、

陽炎の中に見つけて、

まだ機械的にはなりきれない自分に気付く、

晴れのち晴れの夏土曜日。

戻る

  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram
  • iTunes
  • Spotify
©  momosumomosu  All rights reserved.
当サイトに掲載されている画像・コンテンツ全ての無断転載はご遠慮下さい。