​熊になれない日

青いランプを買った、視界の左隅を照らしている。

澄み渡った青い空よりも、人工物が生み出す、ノイズの混じりの青が好き。

淡い思い出と、それが生み出す拷問のような、

甘すぎる珈琲を飲みながら、

ぐらぐらする椅子に腰掛けて、

愛し足りなさ故に、霊の吐息よりも薄い二酸化炭素を吐いて、

逃避行するなら、水曜日がいいなと考えたりしている、

冬眠の支度をしながら。

戻る