​泣けない独り

雪山に腰掛けて詠む歌が、

何十年後も自活していることを願って、

熱い湯気で溶けてしまった心臓を片手に、

睡り続ける魂が、

穏やかであり続けますように

戻る